股割りのコツ

 

股割りの方法コツ


お相撲さんが、よくトレーニングの一環として、股割りというものをやっているのを見たことはないでしょうか?股割りをすることで、下半身の筋肉や関節を柔軟にすることができます。筋肉や関節を柔軟にすることによって、より可動域を広げることができます。このため、多少の動きによって、けがをするという危険性を減らすことができます。

時嵐さんの股割りの動画です。普通に座ると仙骨が後ろに倒れるくらい体の硬いお相撲さんにようです。


かなり体の硬そうですね。後ろからぐいぐい押してもらって最後には胸が床についています。あまり強い力で無理やり押すと「伸張反射」という作用で体が逆に硬くなったり、怪我をするので注意が必要です。実績のあるコーチに無理なく正しい方法で股割の練習方法を教えてもらうのが一番安全です。

相撲取り以外でも、私たちが股割りをすることによっても、いろいろなメリットがあります。では股割りは具体的に、どのように行うのでしょうか?股割りを行うときには、基本姿勢をしっかりとマスターすることが大切です。足を広げ、背筋を伸ばした状態で座りましょう。背筋の伸ばし方は、鏡で見て、アーチが自然な形でできていることが条件となります。

股割ジャパンで有名なえにし治療院の中村さんの股割動画です


ぐいぐい押す股割練習は、伸張反射による弊害があると中村さんはおっしゃっています。骨盤を起こして股関節を回すという方法で股割の講習会を行っています。そんな中村さんがDVDを販売しています。骨盤起こしという本も出しています。なかなか評判もいいようです。

股割のやり方


うまく股割りをするためには、まずは股関節を緩めることが大切です。仰向けに寝て、両ひざを立てます。そして両足を左右に倒していきましょう。両足を左右に倒すときですが、無理やり行う必要はありません。自然に倒れるようなイメージで行いましょう。そしてその状態のまま、2〜3分程度キープします。力を入れなくても結構です。いきなり股割りをすると、少しきついかもしれません。そこで、両足ごとに身体を倒していくようにしましょう。

片足を伸ばします。そして伸ばしたほうの足先をつかむように、上体を倒していきましょう。別につかめなくても結構です。このように、段階を追って、身体をほぐしていくと、うまく股割りをすることができます。身体が柔らかくなってきたと思ったら、本格的に股割りをします。両足を180度くらいまで広げます。そして、頭が床につくように、上体を倒していきましょう。ここでも、無理をせず、ゆっくりと行ってください。


★股割に効果があるか実際に購入して管理人が試してみました

股割に効果抜群!ストレッチDVDの体験・検証結果こちら